STAFFインタビュー

バンビーで働く5名にインタビュー。
スタッフの年代や経歴は人それぞれですが、
「人と接することが好き」「誰かを喜ばせたい」
という気持ちは共通しています。

  • HOME
  • レビュー
  • お客さまの「また来るね」の一言を聞きたいから、いつも元気で笑顔でいることを心がけています。

奥山カオリ [飲食事業部]

お客さまの「また来るね」の一言を聞きたいから、いつも元気で笑顔でいることを心がけています。

 

奥山カオリ[飲食事業部]

2019年入社 長野県出身


 >私は日本生まれの日本育ちですが、父親がペルー人で、14歳のときにペルーの中高一貫校に転校。2019年の12月に日本に帰国して就職活動をしていたとき、タイミングよく正社員を募集していたバンビーを見つけて、入社しました。お店では、ホールだけでなく調理やドリンクも担当。店長をサポートしたいという気持ちがあるので、できることは何でもやろうと決めています。
以前にも飲食店のアルバイト経験はあるのですが、このお店はチームワークが抜群で、今まで働いたことがある中では一番素敵なお店だと思います。例えば、自分が成長するために改善が必要なところは指導してくれるし、良いところはほめてくれる。年下だからとかアルバイトだからということも関係なく、アイデアや意見を言えて、それを取り上げてもらえる。皆で協力しながら本気で「良いお店にしよう」という姿勢があるので、仕事にも張り合いがありますね。

 接客業で大切なのは、楽しい雰囲気を漂わせること。お店の人が不機嫌だと、料理まで美味しく感じられなくなってしまうので、いつも笑顔で元気でいることを心がけています。「あなたの接客がすごくいい」と女性のお客さまからハグされたことも(笑)。お客さまに喜んでいただけることが何よりもうれしいですし、「おいしかった。また来るね」の一言が毎日のモチベーションにつながっています。